×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

納得!の豆知識

納得!の豆知識
実際に栽培している者でしか分らない、とっておきの豆知識を御紹介します。
メールなどで疑問を送っていただくと、ここに回答します。
徐々に増やしていきますが、いずれ分類分けしたいです。




コ コ5年の作柄
平成27年産…多雨ですがマアマアの仕上がり

平成26年産…多雨により過去35年間で最悪の低糖

平成25年産…秋の乾燥により上場の味

平成24年産…豊作で味もよい

平成23年産…まあまあの仕上がり
コンセプト-フッター
徐々に増えてい く豆知識



  疑問 回答



1  うまい温州ミカンの見分け方 皮は薄く,扁平でキメが細かく、ヘタの小さいものが狙い目。


寒暖の差で色が着くので、色はあまり当てにならないかも…。
同じ畑で採れたものならば、色は濃いほうがよい。



2  品種名とブランド名 消費者にとって分かりにくいのが、ミカンの名前。


”デコポン”や”紅まどんな”は「有名過ぎる」ブランド名(商標)です。


”デコポン”は「不知火(しらぬひ)」、紅ま…は「愛果28号」・
”○○ゴールド”などは”河内晩柑”が品種名。
商標は一つの品種で、農協・各販売会社などが多数の商標を
付けている場合も多く消費者には迷う元となっています。


消費者の為にはなりません。



3  同じミカンでも感じ方が違う? 酸の嫌いな方は糖が高くなくても酸抜けの良いミカンを好み、


糖も酸も高い濃い味を好む方もおられます。結果として、同じ
みかんでも好き・嫌いが分かれる事があります。



4  大きいミカンと小さいミカンの特徴 一般的に言って、大きいミカンはジューシーで酸が低く、


小さいものは糖も酸も高く、味が濃い傾向です。


小さいものは子供さん、大きめは年配の方に好かれるようです。



5  ミカンの種類について 大きく言って、手で皮がむける温州ミカンとそれ以外に分かれます。


温州は9月からの極早生からはじまり、それ以外の中晩柑類は


新しく、人気のある多くの品種があります。



6  温州ミカンの特徴 9月から食べられる極早生温州、爽やかな酸味と香りが特徴。


10月頃よりの早生温州は、皮が薄くしなやかな香り、


着色が進むに連れて本格的な味になります


11月中頃よりの南柑20号は濃い本格的な味。



7  中晩柑類の特徴 昔は夏みかん・伊予かん・ポンカン・八朔くらいが代表格でしたが、


今では多くの種類があります。


”紅まどんな(ブランド名)”の”愛果28号”はゼリーの様で大人気、


シャキ感で人気の゛甘平(かんぺい)”


ヘソで知られる”不知火(しらぬひ、ブランド名デコポンが有名)”、


和製グレープフルーツで知られる”河内晩柑”・食べやすさと


爽やかさで人気の”土佐文旦”など、他多数。



8  レモンの特性 新芽が紫色のレモンは他の品種同様に5月に開花し、


10月頃よりグリーンで、12月頃より徐々に黄色になる。


5月頃から落果するのでそれまでに採収する。



9  便秘とミカン あくまでも私見ですが、どの品種でも便秘には


よく効くと思います。味の乗りを確認するために一日何個も


食べるとスッキリ出るようです。



10  β-クリプトキサンチンの効能 温州ミカンには特筆的にふくまれている成分だそう。


若さを保ったり、発がん抑制効果が期待できるそうです。



11  ミカンの樹齢と味の関係 苗木は5年位から実がよく成るようになりますが、


味が乗るには10年位かかります。


樹齢が進むに連れ味は乗りますが、枯枝等で病気は増え


樹勢は衰えます。40〜50年位が限界でしょうか…。



12  気象とミカン(特に雨量) ミカンの味は雨量で大半が決まります。


干ばつの年は味がよく、雨の多い年は味が落ちます。


ただし、降る時期や降り方にもよるので、微妙です。


近年、気象には苦労させられます。



13  ミカンの食べ方 温州ミカンについては手でむけますが、


私は殆ど、3つに割ってヘタ方向から剥がして食べます。


筋がよくとれます。



14  愛媛だけで栽培できる品種がある! 愛果28号(”紅まどんな”で有名)・甘平(かんぺい)等は


愛媛県内でしか栽培・出荷できません。


愛媛でつくった品種だからです。


愛果とは愛(媛県)果(樹試験場)の意。


































































































風景2